ショッピング枠現金化の確認事項

ショッピング枠の現金化はいつできるの
Home » ショッピング枠の現金化の話 » ショッピング枠現金化の確認事項
ribbon

ショッピング枠現金化の確認事項

はじめてショッピング枠現金化を利用するにあたってどのような情報が求められてくるのかが気になるという意見を目にします。
確かに普段接することのないサービスを利用する際は疑問に思うことや不安に思うことがあるのも当然のことです。
ショッピング枠現金化業者やサービスを利用するにあたって必要となる確認事項についてチェックしてみましょう。

ショッピング枠現金化業者を利用する際に必要となる確認事項のひとつは、申し込み者とクレジットカード所有者が同一であるかどうかの確認です。
基本的にショッピング枠現金化業者へ申し込みを行う際には契約者本人のクレジットカードとなります。
家族や親族、他人のクレジットカードでは申し込むことは行ってはいけません。
ショッピング枠現金化業者の方でも厳しくチェックしているため、そのような不正行為は行わないようにしましょう。
しかしそれでもそのような不正行為を行う可能性も考えられます。
そのためショッピング枠現金化業者の方でも確認するために、本人が確認できる写真を送付することを求めています。
撮影方法やポーズなどを指定されることもあるのでなりすまし画像なども使えないことも覚えておきましょう。

次に利用する個人の住所や振り込みを行う銀行口座をショッピング枠現金化業者へ確認事項として伝える必要があります。
なぜ個人の住所を教えなければならないのかというと、商品を送る必要があるからです。
ショッピング枠現金化とは商品を購入し、それを売却することによって換金するというシステム上、商品の受け渡しを行わなくてはならないためです。
そのため商品を住所へ送り、それを業者に返送しなくてはなりません。
もし返送しなかった場合は商品の代金分の金額を請求されることになるので留意しておくようにしましょう。
また換金したお金を振り込むための銀行口座も必要です。
基本的には手渡しではなく、口座間での受け渡しになるため、銀行口座も用意しておくようにしましょう。